AX
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【図説 東洋医学 基礎編】 of 東洋医学と鍼灸

HOME > 東洋医学・鍼灸を学ぶための本 > 【図説 東洋医学 基礎編】

main_top.png

gakkentouyouigaku.jpg 初版は1979年に発行された本ですが、いまだに発行を続けているところに、この本の信頼度があります。内容は、東洋医学の基礎を一から平易に述べていったスタンダードなものであり、図が豊富に付されているので、とても分かりやすくなっています。東洋医学を最初に学ぶとき、まず初めに東洋医学で使われる基本的な用語の理解が必要です。この理解に躓きますと、学習が進んでいったこの先の段階で壁にぶち当たることになります。鍼灸治療は、学問と実践が車の両輪になって、どちらも欠くことなくお互いを研鑽しながら上達していくものですが、そのためには学問の基礎を作っておく必要があります。この本は、その基礎を理解するためにとてもお勧めです。著者の山田光胤・代田文彦両氏は、東洋医学に精通した先生でありますので、記述も安定しており、両者の講義を受けているようで、イメージがわきやすくなっています。
 鍼灸や東洋医学を学び始めた初学者が最適な対象となるかと思いますが、一般の方が読んでもわかりやすい内容になっています。辞書的な本としても一冊あると便利かもしれません。

本書データ

LinkIcon『図説 東洋医学 基礎編』
著者 山田光胤・代田文彦
発行 学習研究所
価格 5097円
初版 1979年発行
対象 高度に学びたい一般の方・初心者・プロ
お薦め度 ☆☆☆☆☆
とても分かりやすい本で、東洋医学・鍼灸医学を学び始めた方に特にお薦めです。イラストや図もふんだんにあり、レイアウトもよく、『黄帝内経』の理解や、東洋医学全体を理解できる好著です。

main_bot.png