AX
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【東洋見聞録 医の巻】 of 東洋医学と鍼灸

HOME > 東洋医学・鍼灸を学ぶための本 > 【東洋見聞録 医の巻】

main_top.png

toyokenbunroku.jpg この本は、専門家ではない著者が、自分の中医学・漢方体験を糸口にしながら、東洋医学やその周辺を学んでいく、まさに旅的、見聞録的な内容になっています。東洋医学・鍼灸を受けたいと思いながらも、なかなか敷居が高くて躊躇している方の疑問や、東洋医学って何だろう?という初歩的な疑問に答えてくれる本です。文章も面白おかしく、イラストも楽しいので、本棚に置きたい一冊です。漢方体験エッセイ集ですので、軽く読みたい方には良いと思います。

 初歩的な本ですが、監修者には、中国政府より中医師の認定を受けている方が名を連ねていますので、内容に大きな間違いはないと思います。しかし、東洋医学にマクロビオティックのことが混合されているところや、少々中医学や漢方という言葉が強調されて、鍼灸などがあまり出てこない点などは、改善をしてほしいとおもうところでもあります。

 いずれにせよ、文章やイラストなどがうまくまとまっており、初歩の初歩の方にとってはおすすめのいい本です。巻末の参考図書一覧は、初歩的な専門家にとってもいい資料集になると思います。
 その他、神農のお話や、正倉院のお話しなどは、雑学ネタとして面白いかもしれません。

本書データ

LinkIcon『東洋見聞録 医の巻』
著者 川口澄子
発行 ピエブックス
価格 1365円
初版 2007年発行
対象 一般・初心者
お薦め度 ☆☆☆☆☆
東洋医学・鍼灸・漢方について興味のある一般の方・初歩的な方に薦めの一冊です。ほんわかしたイラストや文章がこぎみよく楽しい一冊で、専門家にとっても参考になるところがいくつかあります。

main_bot.png